弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

会社側が、従業員が会社の定めた定年にたっしたら会社を辞めてもらう取り決め(つまり定年退職制度)を作ることは、なにかしらの法律に触れないのか?・・・なんで、ずっと従業員は会社に勤め続けることはできないのか?

f:id:gimon15:20171025000419p:plain

 

<質問の概要>


例えば、従業員が60歳になったら会社を辞めなければいけない、という

定年退職制度を会社が定めることは


労働基準法とかの法律に触れたりしないのでしょうか?



なんで従業員が定年(60歳とか)になったら会社を辞めないといけないのでしょうか?



以上、よろしくお願いいたします。

 



<弁護士回答の概要>


会社の就業規則などで正式に定年の年齢が定められている場合

(会社が定年退職制度を定めている場合)

原則、従業員はその規則に従って

その定年年齢になったら会社を辞めないといけません。





そのような定年退職制度を会社が就業規則で定めても

労働基準法などの法律には違反しません。




また、会社側は、

下限は法律で決まっていますが、

自由に定年の年齢を定めることができます。



それに、もし会社側が同意すれば

定年退職制度が定められている会社であっても

定年にたっした従業員を、そのまま引き続き雇用し続けることも可能です。




以上、参考までに。

 

 

 

<私の考え>


定年退職制度は、日本では法律で定められているわけではなく

会社側がそれぞれ自由に定めることができるようです。


なので、会社によって制度の内容が違うことがあります。

また、特に、会社が定年退職制度を必要ないと思うのなら、

定めなくてもいいことになっています。(義務ではない)


しかし会社が定年退職制度を定めようとする場合

法律で定年退職の年齢(つまり定年)の下限だけは決められています。

59歳以下で定年を定めることは禁止となっているので、

ちょうど60歳で定年を定めている会社がほとんどです。


(定年の下限を定める法律がどこまで会社に対して

強制力があるのかまでは知りませんが・・・)

 

 

 

私が働いていた会社も定年が60歳として

一応就業規則で定められていましたが

みんな60歳になっても社長に頼み込んで引き続き働かせてもらい

80歳になっても会社に残っている人もいました。

こういった民間の中小企業であれば(特に親族経営)、

社長と仲が悪くなく、仕事もできるのあれば

定年なんてないも同然のところもあります。



(ただ、こういった習慣がある場合

やっと辞めていってくれると思った従業員<おつぼね>が

会社に、定年後もずっと残るという絶望感がかなりハンパないです。)




ただ、定年退職制度がある会社で、定年に厳格なところも多いので

そのような会社に勤めた場合には

会社が定年後も従業員が働き続けることを容認していなければ

「まだ働きたい、まだ俺は働ける!」と思っていても

定年になったら、大人しく辞めるしかないですね。





今の世の中なら、

定年になるまで無事?に働けたこと自体を喜ぶべきかもしれませんね。

定年になる前に嫌がらせされたり、難癖をつけられて強制的に

辞めさせられる従業員もいますし。



私自身は定年になるまで会社で働きたいとは全く思いませんがね。






・・・・・・ということで、今回の記事は以上です。