弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

通常、留置場や拘置所は「どこ」に設置されているのか?

f:id:gimon15:20171025004138p:plain

 

<質問の概要>

 留置場、また拘置所も警察署の中にあるのですか?

 

 

 


<弁護士回答の概要>


留置場警察署や、又は警察本部

拘置所法務省の施設であり警察署にはありません。

ただし警察の留置場が拘置所の代用として利用されることはあります。

拘置所検察庁の庁舎の近隣に建築されている例は多いです。

 

 

 

<私の考え>


留置場は逮捕されたら、まず入るとこですね。


警察に取り調べとか受けて、

起訴(裁判にかけられること)が決定したら、

拘置所に移されるのが基本でしょう。


拘置所は確かに検察庁の近くにありますね。

私のところには地方裁判所の後ろとかに設置されています。


拘置所についたら尻の穴まで見られるそうです。

留置場に比べたら、さらに罪人に一歩近づいたという感じですかね。


起訴されたら被疑者から被告人になりますし。


まぁ拘置所に行かず、

起訴された後も拘置所に行かず、

そのまま警察署の留置場に置いておかれることも多いそうですね。


留置場は確か、大抵、警察署の2階より上にあるそうですね。

なんででしょうかね?

逃走防止対策のためでしょうかね?

一般の人たちの目に触れないように、被疑者のプライバシー配慮のため?

(警察官にトイレも風呂も、ほぼ全部見られてプライバシーも何もないですが・・・)

私はずっと留置場は警察署の地下にあると思っていました。。。。。

 

 

 

 

なんにせよ、生涯、そんなところに入りたくないですし、関わりたくないですね。


実際に些細な出来事で逮捕された人の、

留置場での2週間の出来事が書いてある本を読んだりしたら心が痛くなります。


留置場内での人間関係もかなり気を遣うようですし。

いろんな人がいるようですし、留置場独自の暗黙のルールもたくさんあるそうです。

 

 

 

*** おすすめの本 ***

 

冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場

冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場

 

 

2時間で読み終えることができると思います。

 

 

考えたくもないですが、

 

もし留置場に入れられてしまったらどうすればいいのか?

 

ということに重点をおいた、著者の実体験にもとづいた本。

 

 

留置場ではどのような生活をするのか?というより

 

留置場に入れられて、その間にされる

 

警察との取り調べや、検察・裁判所とのやりとりを

 

どのように対応すればいいのか、ということを考えさせられる。

 

 

まぁどのような人であれ、留置場に入れられたら

 

かなり苦労するだろうな、とは思いますが。

 

 

最後までちゃんと読めば、著者が自分の感情を多少おさえて、

 

読者に懸命に自分の体験から学んだことを伝えようとしていることが分かる。