弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

勝手に自分の写真を撮影されてネット上にアップされた場合、ネット上に写真をアップされる前に写真を撮影された時点か?それとも写真をネット上にアップされた時点か?どちらの時点で自分の肖像権が侵害されたといえるのか?

 f:id:gimon15:20171111080715p:plain

 

<質問の概要>


ネット上で勝手に隠し撮りされた自分のうつった写真が公開されていた場合、

明確に「自分の肖像権を侵害された」といえるのは、いつでしょうか?




① 自分(被写体)の許可なく勝手に

誰か(撮影者)に自分をカメラで隠し撮り(撮影)された時でしょうか?



② それとも、その隠し撮りされた自分のうつった写真が

撮影者によって

ネット上に公開された時でしょうか?




どちらでしょうか?



以上、よろしくお願いしたします。




<弁護士回答の概要>


① の時でしょう。



被写体(撮影された人)の許可なく

カメラで被写体を撮影した時点で、

もはや

撮影者は「被写体の肖像権を侵害した」、といえるでしょう。



撮影者が被写体を撮影した時点で、

撮影者が被写体の情報を写真として自由に管理できますので

そのようなことから被写体の肖像権を侵害している、

と考えることができます。



以上、参考までに。

 

 

<私の考え>


勝手に許可なく撮影された自分(被写体)の写真が

ネット上にアップされた場合に

最初に自分の写真をとられた時か?

それともネット上に自分の写真をアップされた時か?

どちらの時点で

自分の肖像権が侵害されたといえるのか?


というのが、今回の弁護士さんへの質問のテーマです。



ちなみに “肖像権” というのは

今更説明する必要はないかもしれませんが、簡単に言うと

自分の姿(肖像)を、

みだりに他人に写真にとられたり、そのとられた写真を使用されない権利ですね。




誰かに、自分(被写体、つまり撮影された人)の許可なく

勝手に写真をとられたり、その写真を使用されたら

自分の肖像権を侵害された、といえるわけですね。




それで、肖像権侵害の定義をネット上で調べたところ

さきほど上で言ったようなことと同じように、

「誰かに、勝手に被写体(自分)が、

自分の写真をとられたり

そのとった写真を使用された場合に

肖像権を侵害したといえる」
、と

このように肖像権侵害というものが定義されていたのですが、

写真をとられた時と、

そのとられた写真を使用された(今回の質問のケースではネットに写真をアップされた)時、

どちらの時点で明確に肖像権を侵害されたといえるのか、までは

分からなかった
ので、今回弁護士さんに質問した次第です。

 

 

 

正解は、やはりというべきか、当たり前というべきか

弁護士さんの回答から

写真をとられた時点で肖像権侵害とみなされるようですね。




・・・ということは、勝手に自分の写真をとった人が

「私はまだ、あなたの写真を勝手に撮影しただけであって、

ネットとかにアップしていないから、あなたの肖像権を侵害していません」とか

いってきても、そんな言い訳は法的に通らない、ということです。

肖像権は一応明確に侵害しているといえるでしょう。



しかし、実際には、

誰かに、ただ自分の写真を勝手にとられただけではなく

その勝手にとられた写真をネット上に公開されて、

なおかつ、写真の被写体である自分が、

自分の写真が公開されたことにより

なにかしらのはっきりした損害というか被害をうけたとみられる場合
でないと

民事訴訟を起こして肖像権侵害として

自分の写真を勝手にとった人に対して

賠償金を請求するのは難しいかもしれません。



まぁ肖像権を侵害することは基本犯罪にはならないので

(侵害されても罪には問えない)

自分の写真を勝手にとった人に対しては

民事訴訟で賠償請求をして責任を追及するくらいしか

肖像権を侵害された被害者(自分)にできることはない
のですが・・・ね。






・・・・・という感じで今回の記事は以上です。