弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

死んだ人間(死体)から財布等を盗んだら犯罪になるのか?というか死んだ人間の持ち物は誰かに所有権があるのか?<窃盗罪・占有離脱物横領罪・死体損壊等罪>

f:id:gimon15:20171111091142p:plain

 

<質問の概要>


死んだ人間(死体) から財布等を盗んだ場合でも、

犯罪になってしまうと聞いたのですが本当ですか?




しかも、窃盗罪ではなく 占有離脱物横領罪 になるとか?



死んですぐの死体をあさって持っていくと犯罪になるんですか? 



そもそも、死んだ人の持ち物って誰かの所有物なんでしょうか?



よくわかりませんので、教えてください。

お願いいたします。

 



<弁護士回答の概要>


死んだ人間の財布などの財産は、

その死んだ人の身内など、相続人の所有物となりますので、

相続人の断りもなく持っていけば犯罪になります。



相続人の手元にまだ死んだ人間の財産が無い時に、

奪うと、他人の「占有」を奪ったわけではないので、

窃盗罪はなく、占有離脱物横領罪 (遺失物横領罪) になります。



死んだ人間には物を 占有 する意思がないので、

死んだ人間本人の「占有」は失っています。



しかし例えば、もし人を殺して、

その際に殺された被害者の持ち物を勝手に持って行った場合は、

例外的に死んだ人に占有があるものと判断され、

殺人罪のほかに、窃盗罪が成立することがあります。


これは、法律よりも、

犯行状況の妥当性を重視した結論と言えるでしょう。



殺害後に関係のない第三者が通りかかって、

死体から持ち物を勝手に持っていけば、

先程お話した通り占有離脱物横領罪となるでしょう。



以上、参考までに。

 

 

<私の考え>


結論として、死人から持ち物を奪ったら弁護士の言う通り、

基本的に占有離脱物横領罪が成立すると考えていいでしょうね。



窃盗罪と占有離脱物横領罪の区別は、

大雑把に説明すると、

窃盗罪 は、

「誰かが今現在手元に持っているもの」を奪うことで成立して、

占有離脱物横領罪 は、

「誰も今現在手元に持っていないが、誰かに所有権があるもの」

を奪うことで成立します。


(自分で説明していて結構その通りだと思います。。。。)



死んだ人から物を盗むとかバチあたりだと思いますが、

「誰のものでもないなら、持って行ってもいいのでは?

もったいない!!」

、と思うことでもあるのでしょうか?



どうやら 死んだ瞬間に

その死んだ人と血縁のある相続人等が、

死んだ人の持ち物の所有者となるらしいです。




厳密にいうと相続人が所有者になるらしいのですが、

複数いた場合は、しばらくは 相続人全員の共有物 になるらしいですね。



そのあと話し合いや、遺言があればそれに従い、揉めるようなら訴訟などによって、

持ち分を決めるようです。



では、死んだ人の持ち物は誰の所有物になるか分かりましたが、

“死んだ人自身” (つまり死体)は誰の所有物でもないのか?

死体自体なら勝手に持って行ってもいいのか?(誰得?)

財産的な価値もないし、誰の手元にもなければ大丈夫では?

と思う人もいるでしょう?


(たぶんいないと思いますが、ついでに勝手に話させてもらいます・・・)



死体自体は一応理屈の上から財物にはなり得ます。

まぁ典型的なのが歴史的価値があり、

保管されている骨とかミイラ的な遺体ですね。



そういったものではない通常の遺体でも、

財物として窃盗罪や占有離脱物横領罪の対象として、

扱うことはできなくもないですが、

勝手に死体を持って行った場合、

どちらかというと下記の刑法で処理されるのが普通ですかね・・・




(死体損壊等) 

刑法第190条


死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、

三年以下の懲役に処する。 



・・・いわゆる 死体等領得罪 ってやつですかね。

多分知っている人の方が少ないのではないでしょうか。

墓荒らしとかする人達を取り締まる用に、

用意された条文なのでしょうね。




こういう法律なり条文なりあるということも、

一応覚えておいた方がいいでしょう。(たぶん何かの役に立つ?)



・・・今回の記事は以上です。

今回は、死体という言葉がよく出てきた記事でしたね。

 

 

 

*** おすすめの本 ***

 

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

 

 

今回の記事で“死んだ人”について取り上げたので、

関係のありそうな書籍を探していたら、

ちょっと方向がズレましたが、いい本見つけました。



特殊な薬品をつけて、

筋肉を透明化し、骨を主に青と赤に染色した標本の写真集です。

要は、透明になって 骨だけ透けて見える標本の写真集ということです。



ものすごく美しいですし、

標本なのに生物がまだ生きているみたいな生命力を感じました。

標本独特のグロさ、みたいなのは一切ありません。



標本の写真集というより、もはやアート、デザイン集と言った方が、

適切かもしれません。

1ページ1ページが綺麗で、

誰かへのプレゼント用の本としても最適でしょう。



他にも同じような 透明化標本写真集 がありましたが、

この本が一番購入者も多そうでおすすめだと思います。



ページ構成としては、

魚類や甲殻類といった海の生物が3分の2を占めており、

残りに爬虫類やその他の生物が載っています。

写真がメインで、解説はほんの少しで、シンプルにまとまっていて見やすいです。

美しい写真を見て楽しむ本 です、値段も手ごろです。