弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

事故等で車体が凹んでいる自動車を、修理せずに、そのまま運転していたら整備不良になってしまうのか?<道路交通法違反、整備不良>

 

f:id:gimon15:20171112190845p:plain

 

<質問の概要>


事故などで車体が凹んでいる車を、

修理せずに、そのまま運転したら犯罪になりますか?



例えば、事故にあった直後で、まだ修理していなかった場合に、

公道走っていて警察官に見つかったらどうなるのでしょうか?



道路交通法違反(たぶん 整備不良 ?)で、

切符を切られて反則金の支払いを命じられることはありますか?




というか切符を切られるだけで済みますか?(書類送検されるか?ということ)



以上、よろしくお願いします。

 



<弁護士回答の概要>


車のボディ等の凹み具合によるでしょう。



車の走行に支障がない程度の凹みは、

直ちに整備不良にはならないでしょう。




しかし、ドアミラーが割れて後方確認ができないなどの、

通常の運転に差し支えるほどの支障があれば、


整備不良として切符を切られて反則金の支払いを命じられることはあると思いますよ。



以上、参考までに。

 

 

<私の考え>


えーと、

まず 整備不良 というのは、

そのままでは公道を走ることが困難な状態の車を修理したりせずに、

そのまま走らせていることに対しての 道路交通法違反行為
 を指しています。



それで、道路交通法違反での整備不良には主に2種類あります。

制動装備等の違反 と、 尾灯等の違反 です。



制動装備等の違反とは、主にブレーキに関する不整備に関して、

尾灯等の違反は、主にランプが切れたままにして車を走らせていることを指しています。



警察に見つかって車を止められたら、それぞれ、

制動装備等の違反の場合は、2点の加点+反則金は9000円

尾灯等の違反の場合は、1点の加点+反則金は7000円となっています。




制動装備等の違反が若干加点と反則金が重いのは当たり前ですよね?

ブレーキがきかなかったら、信号で止まれない可能性が高いですし、

事故の危険性が増しますからね。



今回の質問のケース だと、

車体の凹み程度ですので、

どうやら整備不良にはならないみたいですね。




車体が凹んでいるのではなく、ランプが割れているのであれば、

尾灯等の違反に問われることはあるのでしょうが。



あと尾灯等、とありますが、「等」となっているので、

車の後ろのランプだけでなく、正面のランプが切れていたり、

壊れていた場合も対象となります。



ちなみに余談みたいなものですが、

何かの記事で読みましたが、車の後ろのブレーキランプが、

右か左の片側だけ切れているだけでは、

警察に見つかっても整備不良での取り締まりはされないみたいですが、

左右両方とも 切れている場合には取り締まりの対象になるそうです。



よく考えたら当たり前ですよね。



夜になったら自分の前を走っている車が、

止まっているか、走っているのか分かりづらいですので、

追突してしまう可能性がありますから。



まぁ切れているライトの種類によっては、

警察に見つかっても「すぐに整備しなさい」と言われて、

厳重注意で済む場合もありますが、

通常パトカーに呼び止められたら、

違反切符切られる場合の方が多い
と思いますので、

日頃から気を付けて下さい。



他にもいろいろ、整備不良と違法改造の違いとかも書こうかと思ったのですが、

他のサイトで条文用いて、ちゃんと解説されているところが多いので、

また今回のような事例の記事を書いた時に、

機会があれば書きたいと思います。



・・・今回の記事は以上です。



どうでもいい話ですが、

なんか、どこかのブログの記事で、

「 “ブログは人のために役立つことを書こう!”と思って書くのではなく、

自分が生きた痕跡(こんせき)を残すための遺書みたいなものだから、

もっと自分のために自由に書け!! 」
 、と書いてありました。



ということは、私は毎回 “遺書” を書いていたのか?




*** おすすめの本 ***

 
何の為に生まれて 何をして生きるのか 

答えられないなんて そんなの嫌だ 


、、、と


アンパンマンの歌にありましたよね?

アンパンマンの作者「やなせたかし」さんが作詞されたらしいのですが

奥が深いですよね。

そんな「やなせたかし」さんがアンパンマンを生み出すまでの制作秘話みたいな本。

まぁ戦争体験していますからね、いろいろありますよ。