弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

当事者間で“メール”の文面上でやりとりして成立した贈与契約は、口頭上のみで成立した贈与契約と同様に、履行着手前なら、当事者の申し出があれば撤回できるのか?<書面によらざる贈与の撤回>

f:id:gimon15:20171118191355j:plain

 

<質問の概要>


契約の当事者同士が、

メール(パソコンやスマホ)の文面上で、

「~~あげます」、「分かりました、もらいます」と、

お互いに書いて送信するなどのやりとりをして、

贈与契約が成立した場合の話ですが・・・



このようなメールでのやりとりで成立した贈与契約も、

口頭でのやりとりのみで成立した贈与契約と同様、

契約の当事者(あげる方、もらう方)、どちらかの申し出であれば、

いつでも契約を撤回することはできるのでしょうか?



以上、よろしくお願いいたします。




<弁護士回答の概要>


その点に関しては、明確な裁判例が出ていません。



しかし、メールでの契約締結のやりとりは、

書面での契約締結のやりとり、というよりも、

口頭での契約締結のやりとり、に近い とみなされているため、

“メールでのやりとりで成立した契約の撤回は可能”、という考えもあります。



以上、参考までに。

 

 

<私の考え>


まず、書面を一切用いずに(契約を締結した書面証拠が残らないように)、

口約束のみで成立させた贈与契約は、

民法550条にもとづいて、

契約の当事者、

つまり贈与する方、贈与される方の両者どちらか一方の申し出があれば、

その贈与契約を撤回、

つまり贈与契約をなかったことにできます。




しかし、すでに贈与してしまった、贈与されてしまった場合は、

その贈与契約の撤回はできません。

条文を下に貼っておきます。




(書面によらない贈与の撤回)

民法第550条  

書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。

ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。




・・・・口約束での贈与契約を撤回するときは、その旨の通知を相手にする必要があります。

この通知は口頭で伝えても法的に問題なく有効でありますが、

通知した証拠を残したいなら、やはり書面で伝えるべきでしょう。




それで、今回の質問では、

パソコンやスマホなどのメールのやりとりによって、

当事者間で成立した贈与契約が、

口約束のみで成立した贈与契約同様、

民法550条にもとづいて、撤回できるか?


という疑問を弁護士さんに聞いてみました。

 

 

 

私が質問した弁護士さんは、

「撤回できる、という考えもある」 と言うだけにとどめていますが、

他の弁護士さんが書いた、

“メールのやりとりで成立した贈与契約の撤回”に関する記事を読んでみると、


「メール文面は書面に当たらず、贈与契約を撤回できる可能性は高い」

、、、みたいなことが書いてありました。



その理由というか、根拠としては、

民法550条にメールを書面とみなす規定がちゃんと書かれていない」

また、

「現代においてメールをお互いに送信するのは、日常会話のように気軽にできるものなので、

書面を用いて厳格に成立した贈与契約とは違い、

口頭上で成立した贈与契約と同様に、

メールで成立した贈与契約も撤回できるのではないか?」


というようなことが、あげられていました。(うろおぼえですが・・・)



私自身もいろいろ調べてみて、

メールのやりとりで成立した贈与契約は、

十分撤回できる余地があると思いました。





だから、相手がメールのやりとりによって成立した贈与契約の存在を主張してきて

どうしても自分が、その贈与契約の存在を否定したいのなら、


もしも裁判にまでもつれこんだ場合、

贈与契約の撤回が認められる余地だってあるでしょうし、

なにもしないよりかは、

とりあえず撤回の通知をしてみるべきでしょう。





・・・今回の記事は以上です。

他にもいろいろ書きたいことありましたが、

記事がまとまらないのでやめておくことにしときます。