弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

最近読んだ異世界集団転移物ラノベ “モンスターのご主人様” 紹介  <小説家になろう>

f:id:gimon15:20171121200814p:plain

 

 

今回はスライムがヒロインのラノベを紹介します。(ドロォ・・・)

 

 

モンスターのご主人様 : 1 (モンスター文庫)

モンスターのご主人様 : 1 (モンスター文庫)

 

 

最近読んだラノベの中で面白かったものを一作品紹介致します。

・・・まぁ最近異世界集団転移物ラノベばかり読んでいるのですが、、、、

夢中でラノベばかり読んでいます、ハイ。




今回紹介するのは小説家になろうから書籍化した<モンスター文庫>、

“モンスターのご主人様”というラノベです。

もちろん全話“小説家になろう”でWEB上で無料で見れます。



“あらすじ”としては、

主人公である高校2年生の真島孝弘の在学している高校の生徒全員が、

ある日突然、異世界のモンスターがはびこっている

森の奥深くに集団転移してしまいます。



人数で言えば1000人ほどの生徒たちが転移するのですが、

そのうち300人ほどが強力なチート能力なる強くなる力に目覚めて、

チート能力に目覚めていない他の残りの生徒700人を

モンスターから保護しながら

その森からみんなで脱出しようと計画して生活していきます。

 

 

しかし、お決まりのパターンですが、

チート能力に目覚めた人の内、ストレスで悪意に目覚めた人達が

生徒の中でクーデターを起こして生徒間で殺し合いが始まり


そのクーデターに巻き込まれて逃げ出してきた、

まとまって森の中で生活していた生徒たちが

モンスターはびこる森の中でバラバラになってしまいます。




そしてチート能力に目覚めていなかった生徒たちは

モンスターに襲わたり、餓死したりなどして

森の中でたくさん死んでしまいます。



主人公もチート能力に目覚めていない生徒のうちの一人だったのですが、

クーデターの際に一人逃げ出してきて

モンスターのいる森の中洞窟の中で孤立して死ぬ寸前に

モンスターを仲間にする能力に目覚めて

偶然出会った一匹のスライム(雌)に助けてもらいます。



その後、そのスライムとともに

モンスターのいる森の中でなんとか生きていこうとします。

(のちに人里におりていきますが)



それで、主人公はそのスライムと状況確認のため

森の中を散策していたところ、

クーデターの際にどさくさに紛れて

森の中で他の男子生徒に強姦されて殺されたであろう

主人公の同級生の美少女(主人公とはあまり面識はない)

水島美穂の死体を発見します。



そしてその死体を主人公のお供のスライムに食べさせて

スライムは外見だけ水島に化けることができるようになり

(もちろん中身はスライム本人の性格のまま)

主人公と人の言葉もかわせるようになります。



以後、そのスライム(主人公命名“リリィ”)は美少女の姿で主人公とともに

異世界で主人公を守るために行動していくことになります。





しかし、リリィが化けた女子生徒の水島美穂は

もともと主人公のいた学校内でも

かなり人気のある美少女で(しかも性格もよかったらしい)

学校内でも生前知り合いが多く

水島と仲の良かった後輩女子や

水島に片思いしていた男子が

リリィを水島美穂本人だと勘違いして絡んできたりして

物語中、いろいろと面倒なことになるのでした。

 

 

 

・・・・なんというか一通り読んで

ヒロインであるスライムのリリィがすごくよかったです。(スライムがヒロイン・・・)

完全に最初から主人公一筋のスライムなので

近寄ってくる男性どもから、なんといいよられようが軽くいなします。





ちなみに主人公はクーデターの時に

他の生徒達にどさくさに紛れてボコボコにされて人間不信に

おちいってますので

自分のことを邪魔する元同級生たちを容赦なく殺害します。



主人公もただ仲間のモンスター達(あとからどんどん仲間になる)に助けられるだけではなく

物語の進行中に少しずつ努力して

異世界のベテラン兵士並の強さになっていきます。



あと転移先の世界ではモンスターを仲間にすること自体

かなりイレギュラーな警戒されることなので

主人公は人間側よりも

信頼できるモンスター側について行動していくこととなります。




全体的に難しい物語設定でもないのでサックリ読めて

いい感じの話でした。