弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

行政書士が、弁護士をつけずに民事訴訟しようとする人に、 訴状や準備書面の作成のアドバイスをするのは犯罪ですか?

f:id:gimon15:20171129003045j:plain

 

<質問の概要>


行政書士が、本人訴訟をする人(弁護士等に依頼しないで自分のみで訴訟する)に、

訴状や準備書面作成のアドバイスをするのは違法(犯罪)ですか?


無料でならいいんですか?

 

 



<弁護士回答の概要>



無料なら問題ないですが、

有料で受任すれば弁護士法72条違反の可能性があります。


有料の場合、全面的に作成を受任しなくとも、アドバイスのみでも十分法に触れる可能性があります。


もちろん弁護士法違反は故意犯のみを処罰して

過失の場合は処罰されません。


しかし、

訴状等のアドバイスが許されると誤信していた場合は、

法律の錯誤となり、故意犯と なります。

 

 

<私の考え>


基本的なことですが、弁護士以外の人が、弁護士の領分である仕事を、

依頼料などをとって有料で行うと、弁護士法に違反して犯罪になる
ということですね。


弁護士回答の

「訴状等のアドバイスが許されると誤信していた場合は、

法律の錯誤となり、故意犯と なります。」


・・・というのは、

要は、有料で受任した場合、

行政書士上記の言い訳をしても

通常、世の中ではその言い分は通らず、

余程のことでない限りは故意があったとみなされるということです。


以前、カバチタレ行政書士が主人公)のドラマがやっていたころに、

カバチタレに出てくる行政書士の主人公たちが、

平然と示談交渉みたいな弁護士業務を行っていたので、

大阪弁護士会からかなり苦情があったそうです。


一応ドラマの設定では、依頼者に同情して無償で手伝ってあげる

という名目だったらしいのですが・・・

いろいろ揉めたらしいですね。(私はドラマは見ていません)

 

 

 

私も昔、民事訴訟の訴状(また準備書面)の書き方を教えてもらおうと思って、

「何でもメールで無料相談にのります」と自分のWEBサイトに書いてある、

(正直怪しいですが・・・)

とある、行政書士さんにメールで、

「訴状の書き方をちょっとだけ教えてください!」と送ったことがあります。


無料相談だし、

「なんか訴状の書き方も知ってそうだから」と軽くメールを送ったところ

(この頃、行政書士も、弁護士と同じく訴訟とかも扱っていると思っていた・・・)

「さすがに訴状の書き方まで教えることはできません」みたいな返信がきました。


まぁ当然といえば、当然ですよね。

弁護士法違反が云々以前に、

あくまで仕事につながる顧客獲得のためにやっているメール相談でしょうからね。


なんで自分の仕事の範囲外の、「訴状の書き方」なんか無料で教えないといけないのかって感じでしょうし、当たり前の反応です。


普通に知恵袋やOKWAVEにいる弁護士にでも聞けってことです。

(まぁ本読むという手もありますが、訴状などの書き方が大雑把にしか書いてないので、読んでも意味ないと思った。)


まぁ知恵袋やOKWAVEは、

個人的に士業の方とやり取りしない限り(無料ではさすがに無理だと思う)

質問は公開されてしまいますが。


・・・・今振り返って見るとなんで自分が行政書士さんに訴訟に関してのアドバイスを求めたのか不思議です。

結局、訴訟なんか起こさなかったし、冷静ではありませんでした。

 

 

 

*** おすすめの本 ***

 

知れば怖くない!弁護士法72条の正体

知れば怖くない!弁護士法72条の正体

 

 

著者は行政書士さんで、行政書士の視点から

弁護士法第72条というものがどんなものなのか?ということを

解説した本です。



弁護士法第72条で弁護士ができる仕事と

弁護士以外の士業ができる仕事の範囲の線引きがなされています。




「どこまで有料で仕事引き受けていいのか?」というのは

やはりどの行政書士でも気になるところであります。

少しでも仕事増えれば、増えるに越したことはないでしょうし。


それに行政書士とかに仕事を依頼する一般の人達でも

「どこまで仕事を依頼できるのか?」 ということは知っておきたいでしょう。

内容もそれなりにまとまっていますし、一度読まれてみては?