弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

最近読んだラノベ  “ゲーマーズ!” <富士見ファンタジア文庫> の紹介・・・と感想

ゲーマーズ!6 ぼっちゲーマーと告白チェインコンボ (富士見ファンタジア文庫)

 

 

 

最近読んでおもしろかったラノベを一つちょっと紹介します。

漫画版も出ていますが・・・



ゲーマーズ! という、“生徒会の一存”の著者<葵せきな>さんの作品なのですが。

ゲーム好きのボッチ高校生男子、雨野 景太(主人公)が、

同級生の学園のアイドル的な金髪碧眼の美少女、天道 花憐(一応ヒロイン)に、

ひょんなきっかけから見染められ、

彼女が部長をつとめるゲーム部に誘われる話です。




たしか2017年の7月からアニメが放送されていました。(もう終わった)

一応、恋愛ものですが、一巻一巻終わり方が、

続きが気になる終わり方になっていたので、

ハラハラさせていただきました。

そのため全巻通して一気に読んでしまいました。

 

 

 

・・・それで景太は、誘われるがままにゲーム部へ見学に行きます、が

部員はみんなそれなりにいい人たちばかりだったので、

一旦は入部しようと思ったのですが、

一緒にゲームしてみるとガチで真剣にプレイするゲーマーばかりだったので、

「娯楽としてゲームを心から楽しもうとする」

景太のゲームスタンスにはあわず、

景太は、はっきりと天道からのゲーム部入部のお誘いを断ります。

 

 

しかし、天道は一度断わられたのにもかかわらず、

次の日には直接景太のいるクラスへ押しかけて再度入部するように誘うのですが、

今度もまた景太に断られます。

(今度はクラスメイト全員の前で、しかも天道が泣く)




そしてその光景

(主人公が学園のアイドルから一方的に誘いを受けたにもかかわらず、思いっきり断って、しまいには泣かす)を、

見ていて 「なんで主人公だけ!?」 と嫉妬してイライラした、

景太のクラスメイトで、

彼女持ちのリア充でクラスのカーストトップのイケメン男子、

上原 佑が、

景太に何か文句言おうとちょっかい出そうとするのですが、

逆に景太と接しているうちにウマが合って意気投合してしまい、

クラスでボッチ気味の景太の友人作りのために、

新しい同好会まで立ち上げて積極的に応援していくようになります。




そして天道は、その様子を見ていく過程で、

景太のゲームに対する心構えを知っていくにつれて、

景太に“ベタ惚れ”してしまします。

 

 

 

最初、1巻を読み始めた時には美少女ヒロインに誘われるがままに、

ゲーム部に入部して、部員みんなと

きゃっきゃっうふふ、しながら、著者のゲーム知識について掘り下げていく、

最近見るありきたりなラノベ展開になると思っていたのですが、


全然違っていて予想の斜め上を行き、度肝を抜かれたので、

いい意味で期待を裏切られました。


1巻の中盤から急速に読んでいて面白くなり始めます。




なんか途中から男同士でイチャイチャし始めて、

ヒロインが主人公のストーカーっぽくなっていくように感じたのは、

気のせいでしょうかねぇ?(笑)




あとラノベのイラストの絵柄が簡素で好みでした。





登場人物全員の個々の思い込みがすごく強くて、

そのために様々なすれ違いが起こります。



その思い込みの強さが原因で、2巻の終わりに、

景太が間違って天道に告白してしまい、

さらには告白された天道も思わずOKしてしまって、

お互いに彼氏彼女として付き合うこととなってしまいます。




それで学園アイドル的な天道を彼女に持ち、

高校の生徒たちの注目を一身に浴びてストレスで体調を崩してヘロヘロになる、

景太が見ていておもしろかったです。

なんか妙にリアルでした。




あと最近の巻では、

景太がキレて人の胸ぐら掴んだりするなど、

無駄に男前になってくるという・・・




感想は大体こんな感じですかね?

はやく続刊出してほしいです。