弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

民事訴訟で相手に10万円以下の金銭の支払いを求める(請求する)場合、少額訴訟でやるべきか?それとも通常訴訟でやるべきか?・・・どのような形で訴えるべきか。

f:id:gimon15:20180201174251j:plain

 

 

<質問の概要>

 


相手への債権金額が

10万円以下ではあるが

訴訟を起こして全額請求しようとする場合

少額訴訟 で訴えた方がいいのでしょうか?

 

 

それとも 通常訴訟

(その名の通り通常の民事訴訟のこと)

訴えた方がいいのでしょうか?

 

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

<弁護士回答の概要>

 


訴える人本人の判断で決めるべき、

としか言いようがありません。

 

 

しかし、債権額が少なくとも

弁護士であれば少額訴訟をあまり使いません。

 

 

少額訴訟、通常訴訟

どちらで訴えてもいいとは思いますが

弁護士をつけずに訴えるのであれば

少額訴訟”で訴える人は多いと思います。

手続きも簡単でしょうし。

 

 

裁判にかかる時間は

請求する債権額が少なく

内容が複雑な訴訟でなければ

少額訴訟でも通常訴訟でも大差ないと思います。

 

 

以上、参考までに。

 

 

 

<私の考え>

 


まずは、訴訟の仕組みについて

ほんのちょっとだけ説明していきます。

 

 

民事訴訟の中には少額訴訟という制度があります。

この訴訟は60万円以下の金銭の支払いを求める場合にかぎり

利用できます。

この訴訟では裁判は一回で終わり

当日(その日のうちに)に判決が出ます。

 

 

今回の質問のケースのように

60万円以下の金銭の支払いを求める場合

少額訴訟か、普通の民事訴訟(通常訴訟)か

訴える人は自由に選択できます。

 

 

なので、今回の質問のケースのような場合

別に必ず少額訴訟で訴えなければならない、

というわけではありません。

強制ではありません。

 

 

しかし手続き自体はやはり少額訴訟の方が簡単ですし

通常訴訟とは違い、

少額訴訟では裁判は一回で済み、

しかも裁判当日その場で判決が出ますよね。。。

 

 

また、20万、30万を相手に請求して

争うのならともかく

今回の10万円以下の額を請求して

争うという民事訴訟なら

間違いなく相手に弁護士はつかないだろうし (・・・たぶん)

少額訴訟をするにはうってつけです。

 

 

( ちょっと余談ですが、

通常訴訟なら裁判を起こして判決が出るまで

“短くて”「3ヶ月」くらいかかるでしょうが、、、、、

 

少額訴訟であれば

裁判を起こしたら1回目の裁判で審理が終わり

すぐにその場で判決が出るので

裁判を起こして裁判期日までの「約1ヶ月ちょい」くらいしか時間がかからない

このように裁判にかかる時間も一つの材料にして

どっちで訴えるのか考えましょう・・・ )

 

 

 


以前、自分一人で少額訴訟を起こした人の

体験談が書かれた本を読んだことがあります。

 

 

たしか著者はデザイン・出版関係の仕事をしている人で、

とある会社の社長から仕事を依頼されて完遂して納めたが

いつまでたっても仕事代金を払ってもらえなかった、という話。

 

 

それで著者はその会社の社長に対して

仕事代金を支払ってもらうために

訴訟を起こそうと思ったが

今まで訴訟なんて起こしたこともなく

難しいというイメージがあったみたいで

やっぱり訴訟はやめておいて泣き寝入りしようか

迷ったみたいです。

 

 

それに仕事代金も何十万という大金でもなかったのですが、

あきらめきれず

とりあえず弁護士をつけずに自分一人でやれると聞いた

少額訴訟という簡単そうな訴訟を起こしました。

 

 

そして裁判当日

一応、相手の会社の社長もノソノソと出てきました。

 

(相手も弁護士はつけなかった、争う額も低いし)

 

 

 

著者は、契約書とかの証拠もロクに出していなかったが、

 

(当時はデザイン・出版関係の仕事のやりとりで

契約書をつくらないことは多かった、なので契約したという証拠自体持ってなかった)

 


未払い会社の社長が

裁判官から問い詰められて、すぐに

仕事代金未払いの事実を認めたため(運がいい・・・のか?)

その日のうちに会社から著者へ

分割払いで仕事代金を支払う和解が結ばれた、ということです。

 

 

 

しかし、未払い会社側が払おうと思えば

全額簡単に払える程度の代金を

著者が訴訟で請求したのにもかかわらず

全額一括(いっかつ)払いではなく

裁判官に強引に「“分割”払いで支払ってもらう」という

取り決めを結ばされたので、

著者は不服だったみたいです。

 

 

 

このように低額を争う訴訟では

当事者双方(訴える方、訴えられた方、両方)が

弁護士に依頼しないことが多いです。

 

 

また少額訴訟では判決前に和解を裁判官が

提示してくる(すすめてくる)ことが多いです。

 

 

和解、というと、たとえば

訴えた人が勝確であっても

裁判官が審理の途中で

「分割で返してもらおうよ!」とか

「30万円のところ20万円にまけてやってくれないか?」と

ある程度妥協するように求めてきます。

 


(今回の質問のケースのような

10万円以下の少額過ぎる争いで

裁判官から和解を提示してくることが実際あるのかは知りませんが)

 

 

 

もちろん提示された側は

提示内容に納得がいかなければ拒否できますが

確実に相手に金を払ってほしいのなら

少し考えてみる必要があります。

一応、裁判官から和解をすすめられることも想定して

あらかじめ、

「どこまでの内容であれば妥協できるのか?」ということを

決めておいた方がいいと思います。

 

 

 

こちらが妥協して少し譲って和解を結ぼうとすれば

相手もみずから払ってくれる可能性もありますし

もしも相手が和解した取り決めを破るようであれば

普通に強制執行して

強制的に相手の財産を差し押さえることができますので

和解をすることでメリットはあっても

デメリットはそんなにないように思えます。

デメリットを強いていうなら、相手から

金を回収するのが多少遅れるくらいですか。

 

 

相手がみずから払ってくれれば

こちらがわざわざ相手の財産を差し押さえたりする

手間がはぶけるのですがね。

 

 

あと今回の質問のケースのように

10万円以下の金額を争うような場合は

少額訴訟も通常訴訟も

訴訟にかかる費用はそんなにかからないと思います。

 

訴訟を起こして勝訴して

相手の財産を差し押さえるまでに

かかる費用はどちらも大体1~2万円ほどでしょう。

 

 

 


以上からまとめとして

 

10万円以下の額を争う時には

少額訴訟と通常訴訟の、どっちの訴訟がいいのか?

 

というと

かかる費用はどちらの訴訟も差がないのなら

10万円以下の争う額(訴額という)であれば

相手も弁護士つけてこないだろうし

自分も弁護士をつける気がないのなら

やはり少額訴訟の方がいいと思います。

 

 

若干訴訟の手続きも楽ですし、

判決も1回目の裁判の日、当日に

審理が終わり次第、その場で出してくれますからね。

 

 

それに10万円以下の額での争いなら

その程度の金額で相手が敗訴しても

くやしがって不服申し立てをして

再審理を求めてくることもないのでしょうし。

 

 

 

しかし、少額訴訟

手短に終わることはいいことだけれども

1回しか裁判で証拠調べなどの審理をしないので

(その1回ですべてが決まる)

裁判が始まる前に

しっかりこちらで証拠を集めておかなければなりません。

 

 

 

しかし、訴えられた相手は

少額訴訟で訴えられて

それが嫌なら

拒否して通常訴訟に移行することができますし

もしも相手に弁護士がついたのなら

少額訴訟を拒否して

ほぼ100%通常訴訟に移行させるでしょう。

まぁ10万円以下の訴額(争う額)で

弁護士をつけてくるかわかりませんが。。。。。。

 

 

 

( 弁護士をつけるといくらくらいかかるのか?

弁護士には着手金と報酬金を払わないといけないのですが

両方あわせて、

争った額の約3割ぐらいです。

少額訴訟も通常訴訟もたぶん同じです。 )

 

 

 


*** おすすめの本 ***

 

困ったときにすぐわかる少額訴訟の起こし方・勝ち方

困ったときにすぐわかる少額訴訟の起こし方・勝ち方

  • 作者: 相田菊次郎,相田政雄
  • 出版社/メーカー: インデックスコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

少額訴訟の手続きの流れを1冊で、かつ、分かりやすく

それなりに知りたいのならこの本ですね。

 

 

小難しいことは書いてないです。

しかし知りたいことはちゃんとポイント押さえて載っています。

私も購入して2回ほど読みました。

 

 

どういった争いが少額訴訟

むいているのか分かります。

いくつかの実例と、その際の訴状の書き方も載っています。

 

 

まぁ少額の金の貸し借りや代金未払いなら

大体少額訴訟でいけるでしょう。

 

 

しかし、損害賠償に関する請求は

一見内容が簡単に思えても

意外と複雑になるケースが多いので

審理が1回で終わってしまう少額訴訟にはむいてないかも。