弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

以前取り逃がした万引き犯が、後日なに食わぬ顔でまた来店してきたら、その時に店員は万引き犯を捕まえることができるのか?<後日逮捕、現行犯逮捕>

f:id:gimon15:20180203033237p:plain

 

<質問の概要>

 


スーパーやコンビニで

以前万引きしてそのまま帰って行き

捕まりそこねた客(というか万引き犯)が

また店に来店してきた時に、

そこの店員がその客に

「あなた以前うちの店の商品を万引きしましたよね?私見ていましたよ!」

とか

「防犯カメラにもうつっているんですからね?」

と告げて

その場でその客の体をつかんだりして

取り押さえることはできますか?

 

 


以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

<弁護士回答の概要>

 


令状がなく逮捕ができる場合は

誰でもできる現行犯逮捕と

捜査官(警察官)のみができる緊急逮捕の時にかぎられます。

 

 

店員であれば現行犯逮捕しかできません。

 

 

よって質問の事例では現行犯ではないので

理屈上は不可能です。

 

以上、参考までに。

 

 

 

<私の考え>

 


警察でもない一般人は、

犯人が犯罪をおこなっている最中

または犯罪を終えた直後しか

逮捕することができません。

(私人逮捕ができる条件でしたね)

 

 

今回のケースで言えば

客が万引きをしている最中か、または

万引きをし終えた直後しか

店員はその客を取り押さえることができない

ということです。

 

 

なので、もう一度くりかえしますかもしれませんが

一般人である店員は

以前店で万引きしたであろう捕まえそこねた客が

また来店した際に

「防犯カメラに以前あんたが万引きしていたのがうつっていた」とか

「万引きした瞬間を見ていたんだぞ!」とか言って

その客を取り押さえることはできません。

 

 

 

もし、そこで、

店員が客を取り押さえたりしたら

逆に店員が暴行、傷害、逮捕監禁などの罪に

問われてしまう可能性が高いです。

それは、一般人は“現行犯”でしか犯人を取り押さえることが

許されていないからです。

 

 

 

とにかく安易に店員が客の体に触れたりすると

客に「店員にいきなりつかまれた、暴行を受けた」と

店員は特に何もしていないのに

主張されたりする可能性があります。

 


(本部へクレーム入れられるか、

ひどい場合は警察へ通報か相談される)

 

 

 

それに店員が客を取り押さえることまではしないにしても

下手に客を万引き犯扱いして

もしも、店員の見間違いとかで

実はその客が万引きしていなかったことが発覚したら

後日、客を万引き犯扱いした店員は、

その客の家まで

店長か本部の人を連れて、

謝りに行かなければならないことになったり

仕事をクビになる可能性もおおいにあります。

 

 

店員は

客に「今、万引きされた!」と思った時は

下手に客を追いかけたりせずに

万引きされた瞬間を直接目視で見ていたり、

防犯カメラに万引きの瞬間がうつっていたりしたら

基本あとから店長にそのことを報告すればいいだけです。

 

 

後日また来たら俺が自分一人で捕まえてやろう

だなんて思わないことです。

もめるだけです。

また来店したとしても、明確に万引きでもしてなければ基本放置でいいです。

 

 

 

あとは店長が警察に被害届を出して

警察に全部おまかせでいいでしょう。

 

(店員がみずから警察に通報する必要はない)

 

 

そうすれば万引きした客が

別の店で捕まったら

警察から「おたくで万引きしたお客さん捕まりましたよ」と

すぐに連絡が来ます。

 

 

( 被害届を出す際に

万引きした客の似顔絵を書いたり

防犯カメラの映像の映像を提出しますので

顔だけは警察に知られているので、

他店で万引きやって失敗して捕まれば

すぐに他の店でもやっているかどうか分かる。


・・・まぁ万引きで捕まった人は

間違いなく警察に

余罪をシツコク聞かれますし、、、、

「ほかの店でもやってんだろ、どこの店だ、言え!」みたいな感じで )

 

 

 

 

*** おすすめの本 ***

 

 

 

今日、ホームレスになった

今日、ホームレスになった

 

 


最初は、記事の内容にあわせて

「万引き」に関する本を探して

とりあげようと思ったけれども

探している途中で、もっとおもしろそうな本を

たまたま見つけたので、そっちの方を紹介することにしました。。。。


(というか、おもしろそうな

「万引き」に関する本が見つからなかったので)

 

 

ギャンブル、ローン、退職など

いろんな理由でホームレスになった人達の話です。

特にホームレスになるまでの経緯の話に重点をおいていますね。

 

 

読んでみて、どの方も好きで

ホームレスになったわけではなさそうなのですが

(当たり前ですがね)

路上生活を回避するための手段はたくさんあると思うに

なんであえてホームレスに?と疑問に感じました。

 

 

はっきり言って「ホームレスになるしかない!」と

思い込んでいるようなフシがあるのではないか?

と思いました。

 

 

身内に頼るなり、

仕事先に下宿するなり(旅館業や、社宅のある会社にかぎりますが)

または生活保護をうけるなり

一時的なものであれ生活を立て直す手段があるのに

視野が狭いような気がしました。

(もしかして堅気じゃなかったのか?と思うほど)

 

 

とにかくホームレスになった人の失敗談から

そこまで落ちないようにするには

日頃からどのようなことに気をつけなければならないのか?

学ぶための本だと思います、この本は。