弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

「私は、あなたとの間で結んだ契約に関して、なにか問題が発生して損害を受けても、あなたのことを訴えません」と合意してしまった後でも、訴えようと思えば、契約相手を訴えることはできるのか?

 f:id:gimon15:20180508040531p:plain

 

世の中では、契約の相手方が、

こちらの不手際をついて民事訴訟を起こしてこないようにするために

あらかじめ相手と契約する際に、

なにか契約上問題が発生しても民事訴訟を起こせないように

合意(約束)することがあります。

 

 


たとえば、

売主Aと買主Bとの間で

なにかしらの商品の売買契約を結んで

買主Bはちゃんと代金をすでに払ったのに

売主Aが約束の期日を過ぎても商品を引き渡してくれないので

買主Bが売主Aに対して

民事訴訟を起こして

商品の引き渡しを遅滞したことによってこうむった損害の賠償を請求したり

強制的に商品を引き渡すように請求しようとしても

事前に、売主Aと買主Bとの間で

 

「今回締結した売買契約において

売主Aが買主Bへの商品の引き渡しが遅れても

買主Bは売主Aに対して訴訟を起こすことはしません」

 

と、取り決めてお互いに合意していれば

 

通常、その合意は有効だとみなされて

今回締結した売買契約に関してだけは

買主Bから売主Aに対してなんら訴訟を起こして請求することはできません。

 

 


このような同意のことを、“不起訴の合意”、といいます。

(刑事手続きの起訴とか不起訴とはまったく関係ありません)

民事訴訟法などに条文として明記されているわけではないですが

一応、有効な合意としてみなされています。

 

 


この不起訴の合意がなされる理由としては、

今回のたとえに照らして言えば

もしも、売主A本人しか取り扱っていない珍しい商品があって

それを買主Bが

 

「どうしても欲しいので売ってください!」

 

と頼んできた時に、売主Aが

 

「売ってあげてもいいが、

ちょっと仕入れるのに時間がかかるので

商品の引き渡し期日が

約束した期日を過ぎるかもしれないので

念のために、あとから文句を言われて訴訟とか起こされないように・・・」

 

と考えて、不起訴の合意が結ばれることが考えられます。

 

 


不起訴の合意があると、訴訟(裁判)を起こそうと

裁判所にかけあってみても

裁判官に、

 

「その契約のことに関して問題が起こっても

訴えません、って事前に合意したんだから訴えても意味ないよ!」

 

ってな感じで(訴えの利益がない、ということで)門前払いされます。

 

 

 

おすすめの無料ゲーム

キャラバンストーリーズ
キャラバンストーリーズ
開発元:Aiming Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

しかし、今回あげた、たとえで言うと

もしも、

売主Aと買主Bとの間に、

複数の売買契約が結ばれていた場合に

 

「売主Aと買主Bとの間で、今締結されている

“すべて”の売買契約において

売主Aから買主Bへの商品の引き渡しが

約束の期日よりも遅れたとしても

買主Bは売主Aに対して、なんら訴訟を起こしません」

 

という内容の、不起訴の合意を結んだとしても、

そのような合意は無効となるので

買主Bが売主Aに対して訴訟を起こしたら、

ちゃんと裁判所に審理されます。

 

 


なぜ、その不起訴の合意が無効になるかというと

売主Aと買主Bが締結した契約の中の、

どの契約に関しての訴訟を禁じるのか、
特定されていないといけないからです。

 

 


すべての締結された(売買)契約に関して、

訴訟をしない、という合意は認められません。

でなければ、国民の裁判を受ける権利が

やたらと侵害されることになってしまうからです。

 


「この契約の件に関してだけは訴訟を起こしません」

といったふうに、ある程度特定して、その事案に関してだけは

訴訟を起こさない、という不起訴の合意であればOK(有効)です。

 

 

 

*** おすすめの本 ***

 

 

 

 今回の記事に合う本を探していたらたまたま見つけた。

記事に合うかはともかく、おもしろかった。

そんなタイトル通りのドロドロな内容でもない。

 

 

部下が部長に対して

部長の日頃の発言から「訴えてもいいんですよ?」と言って脅して

部長に謝らせたことがキッカケで、

社内で部下が上司を訴える事態が頻発することになります。

しかし部下のそのような行動を容認できない上司達が

弁護士をつけて部下に反撃を開始する話。

40代上司 vs 20代部下。

 

 

なんというか、最初は、こんなめんどくさい部下イラネェって思いました。

たいした責任のある仕事もしてないのに

生意気なだけの奴らは、とっとと重責でも背負わされてつぶれて欲しい、と思った。

 

 

まぁでも、この本に出てくる部下の気持ちも分かる。

しかし現実では部下が上司のちっぽけなプライドを傷つけたら

本気で嫌われて、なにをされるか分からない。

この本みたいなキレイな終わり方はしないでしょう。

 

それに多少、法律の勉強にもなりました。

あとけっこう思っていたよりも軽く読めた。