弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

借金をしたので、毎月分割返済することになったが、その時に作った契約書に「月の支払日に1回でも返済が遅れたら、残額全部1度に返してもらう」と書いてあるのに、返済に遅れてしまったらどうなるのか!?

 f:id:gimon15:20180529184043j:plain

 

手元の生活資金が少なくて不安で

誰かに頼み込んでみたら

一時的に100万円を貸してもらえることになったが

そのあと10万円ずつ毎月決まった支払期日に返していく、

つまり、10ヶ月での 分割返済 という形で返していくことになったとしましょう。

(・・とにかくそういう契約を結んで、なんとかお金を貸してもらったとする)

 


しかし、借りた人が

返済3ヶ月目にして、返す金の都合がつかずに

支払期日を過ぎても振り込みをおこなわなかった(滞納した)場合に、

100万円貸してくれた人から、

「残りの返済すべき額80万円を毎月10万円で分割返済するというのは

なしで、一括で残額全部今すぐとっとと返せ」

と言われることがあります。

 

 


もし、消費者金融 とかの金融機関などから上記の例のように

お金を借りた場合には、ほぼ必ず

 

「分割返済の際に1回でも支払期日に

金の振り込みが遅れたら

未返済の残額を一括で支払え」

 

みたいなことが、契約書に書かれていると思います。

 

・・・別に覚える必要は無いですが、こういうのを

期限の利益の喪失 についての特約といいます。

 

 


つまり、金を貸した人は

「せっかく大金を、それも分割返済でいい、ということで

貸してやったのに、毎月の返済でさえも滞るようであれば、

そんな奴には、もう一切容赦しないぞ!

まだ返していない分の金を今すぐ全額返せ!」

ということを、借りた人が期日を過ぎてもはらわなければ

言えるということです。

 


具体的に、どうするかというと、そのような特約に基づいて

訴訟 を起こしてきます。

そして訴えられた借りた人は間違いなく負けるでしょう。

そして、少額であっても銀行の口座の金はもちろん

勤め先の職場の給料まで、なけなしの金を

差し押さえることによって強制的に回収していきます。

 

 


しかし、消費者金融などの金融機関からお金を借りたわけではなく

一般の人や会社から お金を借りて

分割返済ということになっても、その際にしたためた契約書とかに

「支払日に遅れたら一括返済しろ!」

という旨の特約が明記されていなければ

(というか普通は書かれていないと思う、支払いが滞った時のことまで想定していない)

返済するお金を振り込むのが遅れて

その月の支払期日を過ぎてしまったとしても

「未返済の残額を一括して今すぐ返せ!」

と言われることはありません、というか貸した人は言えません。

 


つまり、一般であれば、金を貸した人は、その支払期日を過ぎてしまった

支払いが遅れたその月の1ヶ月分の分だけ しか

「支払期日を過ぎているから、早く支払ってくれ」

と、せかすことぐらいしかできません。

(最初の例で言えば10万円だけしか請求できない)

 

・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・・・と、でも思いましたか?

 

実は、契約書に分割返済で支払いが一度でも遅れた際の

未返済残額一括返済の特約が 明記されていなかったとしても

やろうと思えば、一括返済の請求はできます。

 


それは、どのようにするのか、

難しい法的な理屈を省いて説明すると、

まず訴訟を起こして、

(一回でも)支払期日に振り込み遅れたということを理由にして

お金を貸し借りした契約自体をなかったことにするように主張します。

主張が通れば、

当事者はお互いにそれぞれ最初の状態に戻さないといけなくなります。

 


最初の状態に戻すとは、

お金を借りていた人が100万円を借りていたとして

そのお金は元々お金を貸してくれた人の物なので

借りた人は、借りたお金を全額、

貸したくれた人に戻さないと(返さないと)いけなくなります。

そうすればお互いに最初のお金を貸し借りする前の状態に戻ります。

 


つまり、「返済」という形だと、特約でもなければ

未返済残額を一括請求することはできませんが、

「契約解除」という形をとれば、特約なんてなくとも

当然に最初の状態、お金を貸し借りする前の状態にすべて戻すことができます。

 


このちょっと裏技みたいな方法を知らない人は多いですが、

弁護士さんとかの実務関係者なら、当然みんな知っている、、、、はず。

 

 

 

 

 ということで、借金の分割返済の場合に

1回でも支払期日に遅れてしまったら

一括返済の特約があろうが、なかろうが、

金を貸した人がやろうと思えば

訴訟を起こして、強制的な残額一括返済請求ができる、ということです。

 


とにもかくにも、支払期日までのお金の振り込みが遅れそうになるのであれば

貸してくれた人が、どんな人、または、どんな業者であれ

遅れる旨一報入れておくべきでしょう。

貸してくれた人が事情を理解してくれて、

借りた人もちゃんと返すつもりがある態度を見せることができれば

最悪の事態(一括請求される事態)には陥らないことでしょうよ。

 

 

金融屋―借金漬けにされる消費者たち

金融屋―借金漬けにされる消費者たち