弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。何か感想があれば、ご自由にコメントしてください。

元号が変わることによって、恩赦が出て、今いる死刑囚も減刑されて無期懲役になったりするのか?仮釈放も夢じゃない!?

f:id:gimon15:20180710234005j:plain

 

来年(2019年)の5月始めに、

今の天皇が退位して、新しい天皇に変わるとのことですが

たぶん、その時に 恩赦 がおこなわれると思うのですが

その恩赦によって、

今の日本の死刑囚も減刑されて、

死刑が取り消されることがあるのか?

疑問に思って今回、調べてみました。

 


なんか最近、死刑囚が相次いで、

死刑執行されてお亡くなりになっているので

まず、あり得ない、とは思いますが、

政府は死刑囚にも恩赦が出されてしまう可能性を危惧しているのかなぁ、と

個人的にちょっとだけ気になって勘ぐってしまうのですが。

だって30年ぶりに元号変わりますし。

 


それに、よく探したら

昔、日本で、実際に死刑囚が恩赦を受けて

減刑された事例がありましたよ、もちろん戦後ですよ。

ちゃんと前例はあるんですよ。

 


それで、戦後の日本で、

死刑判決が出たにもかかわらず

ちょうどその時期、なんか海外と重要な条約を結ぶことができた、とか

国内でその年いろいろ(政府にとって)めでたいことがあった、とかで

死刑から減刑されて無期懲役になった事案が6件ありました。

そのうち2件だったかは、無期懲役になった後に

収容されていた犯人が釈放されています。

 

 

 


これって結構すごいことですよね?

死刑判決を受けた人でも、運良く恩赦を受けることができれば

(もちろん上の方で審議はなされますが)

無期懲役(実質、終身刑)となることができて

さらに運が良ければシャバにまた戻ることができる・・・・

 


でも今、話した戦後、死刑囚が恩赦を受けて無期懲役になった事案は

全部、かなり昔のことであり(1940年代~1970年代の話)、

1980年代に入ってから今まで

死刑囚がなにかしらの恩赦を受けて

減刑されて無期懲役になったことは1度もありません。

 


それに、1989年に昭和天皇が亡くなった際に大々的におこなわれた恩赦でさえ

道路交通法軽犯罪法などを含む17種類の刑罰を受けた人にも適用されて

罰金を納めなければいけない人がみんな、

その義務を免除されたりしていたのにもかかわらず

殺人、放火、強盗とかの重い罪を犯した人には

一切恩赦は出ず減刑されたりはしませんでした。

 


そのあとも平成に入ってから、

今の天皇である今上天皇が即位した時や

その息子である皇太子が結婚した時などに

たびたびそれなりの恩赦がおこなわれていますが

いずれも軽い罪で、十分更生可能だと思われる人しか対象になっていませんね。

あとは毎年、すべての受刑者6~8万人ほどの中から

数十人が選ばれて減刑されたりしていますが、(常時恩赦という)

これらの人も、まぁ罪が軽くなってシャバに戻っても

問題なさそうな人達だけが対象になっていますね。

 

 

 


さっきも話したとおり、過去に前例があることから、

これから先

日本で死刑囚が恩赦によって減刑されて無期懲役になる可能性も

全くのゼロではないのでしょうが

今の現代において、

世間の目、世の中に与える影響、(マスメディアも発達しましたし・・・)

または被害者遺族の心情を考えるのであれば

どんなに死刑囚が反省して更生しようとしていても

昭和のなかばのような、戦後のごちゃごちゃしていた時代とは違い、

(最後に死刑囚が恩赦で減刑無期になったのも1970年代です)

皇室や国の大きな変わり目となる出来事があり

恩赦をおこなう機会があったとしても

政府の上の連中が

そうやすやすと死刑囚を無期懲役減刑するということはできないでしょう。

 


それになんといったって無期懲役になれば

確率はかなり低いとはいえ

(仮)釈放されることだってあるのですから。

 

 


・・・よって、何年、何十年たっても死刑がなかなか執行されず

最近真面目だし、反省もしているみたいだし

事件も、もう昔のことで、みんな忘れてしまっているだろうし

そのまま死刑を執行せずに、恩赦があればその機会に無期懲役にして

さりげなく釈放しちゃってもいいんじゃね?

問題ないでしょ?

と、ちょっと思ってしまったりしても

今の世の中では、複数殺人をおこなった死刑囚(凶悪犯)を

恩赦の対象にすることは、まず不可能でしょう。

 

 

おすすめの本

 

 

恩赦と死刑囚 (新書y)

恩赦と死刑囚 (新書y)

 

 

 この本の目次を一見すれば分かると思いますが

今まで死刑囚で恩赦を受けた人が

どういう経緯で減刑されて無期になって、そのあと、どうなったか?

ネットで断片的に調べなくとも、この本一冊あれば

十分知ることができます。

かなり丁寧にまとまって書かれていますね。

 


処刑台から生還した者たち、とありますが

私の個人的な考えですが、正直な話

当時、殺人事件とかに巻き込まれて死刑有罪になってしまった人を

そのまま死刑にするのもアレなので

恩赦という名目で減刑して無期にしてやった、

という可能性もあるんじゃないですかね?

 


だって今から50年ほど前のことですし

事件の捜査方法が今ほど発達しておらず

間違いなくいいかげんで適当でしたでしょうし、

また、疑わしい人に自白を強要したりして

いくらでも冤罪者をつくりあげてしまうことなんてあったでしょうよ。

 


今の現代では、DNA鑑定や指紋採取の方法も発達して

防犯カメラがどこにでもありますので

殺人なんて凶悪事件が発生すれば

まず間違いなく明確に犯人本人を特定できるので

軽い事件はともかく、重大な事件で冤罪なんてことはそうそうないでしょう。

だから今では、冤罪か疑わしい死刑囚なんて存在しないでしょうし

わざわざ恩赦してやる必要なんてない、、、、と。