弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

おすすめの、絵と内容にギャップを感じる漫画 「亡き少女の為のパヴァーヌ」 あらすじ、と感想

 

知っている人は知っている

デ・ジ・キャラットのイラスト書いている人

こげどんぼ*」さんが描いたマンガです。

 

あとで教えますが、メールアドレス1つ登録して無料会員になれば

無料で昔の漫画を読めるサイトで、たまたま見つけた。

 

「なんだコレ~」と思って、読んでいたら

だんだん読み進めるうちにつれておもしろくなり

続きが気になりハマってしまい、ぶっ通しで読んでた。

 

 


あらすじ

 

明治時代の話。

主人公は男で、異国人との間のハーフで、それゆえ親から捨てられ

住んでた村でも、めちゃくちゃいじめられていた上に

ある日、天然痘にかかって、

体中に出来物ができまくって死にかけていたのだが、、、、

死の間際に現れた神様と契約して

「誰からでも愛される美しい容姿」と「天才的な音楽才能」を授かり、

代わりに対価として

その神様の生け贄として、定期的にずっと

女の人を自分に惚れさせた上で

殺していかなきゃいけないことになってしまいます。

 


それで、その契約後に主人公は天然痘がカラッと直り

めちゃくちゃイケメンハンサムボーイとなり、

その上、天才的なバイオリン弾きになります。

 


そして、知り合いの年上の男の人に養子にもらわれて

東京の女子限定の音楽学校に、男で特例として通うことになります。

 


主人公は、もう二度と昔の悲惨な生活に戻りたくない、

そして手に入れた

美しい容姿と音楽の才能も絶対手放したくないと思い

心を鬼にして、その学校で

自分に気のある女の子に近づいて、殺していく決意をします。

 

 


一番最初は、その音楽学校で

主人公の天才的なバイオリンの音色にすっかり惚れ込んでしまった

「主人公のためならなんでもできる!」

っていうほどに、主人公のことを好きになってしまった

かなり惚れ性の女の子をターゲットにして

「このままの生活を続けるためだ、スマネェ・・・・」

と思いながらも、普通に刺殺して殺します。

 


殺しても、証拠とかの痕跡は、神様が手伝ってくれて

キレイに、つじつまも合わせて消してくれますので

心配要りません。

 

 


次は、自分が男でありながら

その女子限定の音楽学校に通うことを気に入らない

主人公に対して、いつもツンツンしている

その学校の若いシスターをターゲットにします。

 


主人公は、「こいつなら、ためらいなく殺せるな」と思い

シスターに近づいて、惚れさせるために交流していくのですが

そのシスターのことを少しずつ知るにつれて

主人公自身も、そのシスターのことを、ちょっと好きになってしまい

お互いにほどほどに相思相愛になった頃には

殺すことに、ためらいを感じてしまいます・・・・が、

なんとか、そのためらいを振り切って、そのシスターも殺してしまいます。

 


そして、主人公は、

このままの調子で、女に近づいて、自分に惚れさせて次々と殺していったら

俺の心が壊れてしまう・・・

だから、もっともっと、すぐに自分のことを好きになってくれて、

その女に思い入れを感じる間もなく

サクッと殺しやすいチョロい女を見つけていかねば、、、、と考えるようになります。

 

 


それで、学校内でいつも、イケメンな主人公をキャーキャー追い回す

ミーハーな女の子がいて

いつも主人公にウザがられて、無視されている子がいるのですが

「ああ、こいつならチョロそうだし、深く入りすることもなく

惚れさせて、さっさと殺しやすそうだな~」

と思って、次のターゲットに定めます。

そして、さっそく自分も気のあるフリをして

近づき交流をはじめてゆくことに。。。。。

 


・・・・ですが、この女の子が、実はすごくクセ者であった。

この女の子も、主人公と同じでバイオリン弾きであったのだが

主人公とは大きく違い、完全努力秀才型。

家は名家の出ではあるものの、田舎から東京までわざわざ出てきて

地元で一番と言われた、自分のバイオリンの腕を

その音楽学校で、さらに磨こうとするのだが

まわりは、自分よりもさらに上手い人ばかりであり

引け目を感じてしまっていた。

 


それで、主人公と軽く付き合うようになり

お互いに時間があれば、ともに練習するようになり

主人公の柔軟で天才的なバイオリンの弾き方を

彼女は次第に吸収していき

めきめきとバイオリンの腕を上げていきます。

 


そして、主人公は、最初「ウザい女だな~」と思っていたのに

音楽にひたむきな彼女と時間を共にするうちに

完全に彼女のことが好きになってしまいます。

そしてお互いに完全な恋人同士になってしまい、どうしたものか。


一番殺しやすいと思っていたのに、一転して、一番殺しにくくなるとは。

殺したくない、、、けど、殺さなきゃ、、、、、

今まで得た物を全部失ってしまう!という苦悩に、

今後、悩まされ続けることとなります。。。。。。

 


まぁ物語序盤は、大体。こんな感じのあらすじ、ですかね。

 

 

 

 


最初、この漫画を見つけたときは、

「これってデジ子のイラスト描いている人の絵じゃん」

って感じでした。

っていうか、普通に漫画家だったのかって思った。

 


私としては、どうしても90年代後半から00年代初頭の

デ・ジ・キャラットの印象が強くて

「デジ子だニャ~」とか言っている

萌え絵を描いていたイメージが

すごく残っていたのですが、普通に有名な漫画家さんだったのねぇ。

絵は当時から、めちゃくちゃ上手かったが。

 


なんというか話も設定なども、かなり気合いが入っている凝り具合で

おもしろかった。

この人、こんな愛憎含む、そそる恋愛描写を描く人だったのか、、、と

これまた驚いた、

以前とのギャップがすげぇ。

 


「 スキマ|全巻無料漫画が30,000冊以上読み放題! 」

というサイトでメールアドレス1つ登録して

無料会員になって、タイトル検索をかければ

この漫画を、1円もかけずに、かなり話数を無料で読めますので

興味のある人は一読あれ。