弁護士に質問した私の日常の疑問

私の日常の疑問を、弁護士等の専門家に質問して、教えてもらったことを、自分の言葉に直して、簡単に自分なりに紹介(解説)しています。

おせち料理の製造会社での体験談を書いていく・・・③

f:id:gimon15:20180819184613j:plain

↑おせち製造の連日の徹夜仕事によって

正社員は、正月休みは3日間、家でマジでみんなこんな感じになっている。

 

 

前回までは、私の勤めていた、おせち料理の製造会社での

1年間の仕事の流れについて話していましたね。

 

 

↓ 前回の記事

 
年末に近づくにつれて、すごく忙しくなってきて

冬のボーナスをもらって逃げ出すヤツがいるとか

そういう話もしました。

 

それで今回は、

前回までの記事で、まだ書いていなかった

おせちの製造会社での

本業のおせち製造以外に、どんなこと(どんな仕事)をしていたのか?

なんか変わったことはなかったのか?

、、、などについて書き出していこうと思います。

 

 

 


おせちの製造以外に、他の仕事はしていなかったのか?

 

おせち関連以外で、1年を通して会社でぼそぼそとやっている仕事としては

スーパーとかに売ったりする生麩の製造を、前回の記事などであげましたが

それ以外にも、おせち料理を毎年注文してくれる得意先の会社や料亭から

押しつけられる?軽作業などの 雑用 もたくさんやっていましたかね。

 

よく分からない具材とかが詰め込まれて密閉してある瓶や缶などを大量に

会社に送りつけてきて

「これ全部に商品のラベルシール貼って、しばらく保管しといて」

とか言われて、朝から晩までシール貼りとかやらされていました。

 

私のつとめていた会社には、おせちの具材保管用の

大型の倉庫(冷凍や冷蔵も可能)があったので

普段は得意先から、いろいろ預かるように依頼されて預かるという

便利保管庫扱いされていたみたいで

預かった瓶や缶に商品のラベルシールを貼って預かるだけの仕事でも

金はそれなりにもらうわけで

かなり会社にとって “儲け” になっていたみたいです。

 

もういっそのこと、面倒くさいおせちの製造なんてやめて

その大型倉庫を生かした保管業にでも専念すればいいのに、

と思ったのですが

そうなると人件費削減されて、まっさきに私がクビになるだろう

と思ったので、口が裂けても言えなかった。

 

・・・・あと、大量に食品製造する会社の工場には

大きな冷凍・冷蔵倉庫は絶対に必須だと思います。

(できれば数階建てのエレベーター付きの倉庫)

仕入れた具材や、製造した食品を冷やして保管する場所がないと

かなり不便だと思った。

 

 


正社員は海外へ

何ヶ月も交代で1人ずつ行かされる

 

ベトナムにおせちの具材をコチラの会社に

直接仕入れている会社があるから、寝るところ用意して貸してやるから

数ヶ月間出張してこい、と、正社員のうちの1人が

半年に一度の頻度で選ばれて行かせられます。

 

営業とか工場現場の社員が泣く泣くかわりばんこに

何人も、1人で強制的に行かされていました。

 

海外と取引のある会社で勤めている人間の 宿命 ですね。

 

私に順番がまわってくる前に、会社を辞めてしまったので

本当に辞めて良かったと思う。

 

ベトナム語とか話せなくともなんとかなるのか?

現地の空港で、社長の知り合いのベトナム人が出迎えてくれるから

大丈夫、、、、というが。

現地に、何も知らずに行かされた社員はいろいろ大変だったらしい

不安しかないですねぇ。

 

海外旅行を何度も経験しているグローバルな人間には

なんてことないのでしょうが、

海外旅行経験に乏しく

国内旅行程度で満足しているような私には荷が重い。

絶対行きたくないですね。

 

 

 


私の数少ない話し相手だった

謎の地方議員のパート男の末路

 

地元の市議会議員の男(30代後半)がパートとして紛れ込んでいて

その人と2人でよく、というか、仕事の暇なときは毎日

倉庫の片隅で、瓶に、商品ラベルのシール貼りをしていました。

 

なんで、うちの会社でパートなんかやっているのか聞いてみると

本業が暇だから、知り合いである社長のために

マメにパートとして手伝いに来ているとのこと。おいおい!

 

ですが、その市議は会社内での数少ない、私の話し相手でした(泣)

最近どんな漫画読んだのか、だとか

当たり障りの無いたわいもない話ばかりしていましたが、癒やされた。

さすが一応政治家だからなのか人に合わせて話をするのが上手い、と思いました。

 

しかし、あるとき、調子に乗ったのか、まわりから押されたのかは分かりませんが

市議会議員を辞職して、県議会議員に立候補したのですが

みごとその選挙で大敗して落選して、市議会議員でもなくなってしまいました。

本当にただの会社のシール貼りのパートの人になってしまった。

 

そして、落選してすぐに社長に会社を追い出されて

出入禁止になってしまいます。

 

どうやら社長が押してヒイキしていた市議だったらしい。

だから社長は、そいつをパートとして会社で遊ばせていたのか。

パートの給料としてか?

はたまた、どんな形で渡していたのかは知りませんが、

社長はその市議の人に、かなりの金を支援金として渡していたみたいです。

 

それなのに落選したら、どうしようもないもんね。

期待に応えられなかったということで。。。。

渡した金が返ってくるわけでもないし、

その市議自身だって、会社にメンボクなくて、もう来られないでしょう。

 

その市議が落選したのは、社長の側にくっついて

金ばかりせびってばかりいて、地元まわりをしていなかったからではないのか?

 

 


マニュアル車MT車)を

運転できなくてバカにされるヤツ

 

私と、同じ時期に、その会社に入社した社員が

普通自動車AT限定免許だったので

会社にある配達・配送用のワゴン車(MT車)を運転できなくて

まわりの人に馬鹿にされていたが、、、、ある日、、、

 

「免許がAT限定でも、教習所でMT車に乗ったことあるし!」

とか言い出して、ちょっとそのワゴン車で練習のために

乗って運転してみようと思ったのか

会社の駐車場で3、4回ほどエンストしながらも公道に出ようとしたところを

部長がその車に走って行き、AT限定のそいつの胸ぐらをつかんで

引きずり下ろしていました。

 

会社のフォークリフトとかは、

みんなフォークリフトの免許を持っていなくとも

会社の敷地内だけのことだから、普通に練習して乗っていたが、


( 敷地内だけでも、無免許で運転しちゃダメなのでは?

まぁ、私自身はフォークリフト運転させてもらえなかった、免許も持ってないし )


さすがに、AT(オートマ)限定免許で、MT(マニュアル)車を運転して

公道出るのは、やばいよなぁ~、とちょっと思った(笑)ハハハハ。

 

 

 


・・・・・今、その会社を辞めてすでに何年も経っていますが

さすがにもう二度と勤めたくはないですが、

そんなに悪い会社じゃなかった、、、、のかもしれない。

未知の体験をさせてもらえて面白かったですし

忙しくない時期は、テキトウに働いてても何も言われなかったし。

年末にかけて忙しい時期が続くと、死にそうになったけれどもね。

 

ハローワーク(職安)の、おすすめの紹介とかなんとかで

入ってしまった会社ですから、ロクな会社ではなかった、、、、のかもしれませんが

いかんせん私が選んで決めて、簡単な筆記試験と面接を受けて

入社したのだから、中に入ってつらい思いをしたのであれば

そこらへんは自己責任になるのかもねぇ。。。。

 

でも、社長が、会社の社員に各家庭ごとに

何万もする、おせち料理を購入するように強制したり

知り合いに売ってこいとか

そういうことを言ってくることはなかったので

(どこぞのコンビニやスーパーとは大違い)

それはありがたかった。今振り返ると。

まぁそんなことしたら、さすがに辞めていくだろうけどねぇ。

あんだけ重労働させといてノルマとか、かされたら耐えられんわ。

 

 

おすすめの本

 

 

ベトナムのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)

ベトナムのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)

 

 

 日本人がベトナムへ行くのに英語さえ話せれば、

なんとかなるのでは?

と思っている人も多いと思います。

 

ベトナム戦争も1960~70年代にかけてあったし

たくさんのアメリカ人が一時期ベトナムへ行って滞在していた時期もあったし

意外にベトナム語だけではなく、普通に英語もベトナムの一般市民の中で

話せる人も多いのではないか?と思うかもしれませんが

ベトナムの街中では、英語を話す人、話せる人はかなり少ないです。

みんな普通にベトナム語を使います。

ある程度の英語教育はしているみたいですが、、、、

まぁ日本と変わりないといった感じでしょうか。

ハローとかサンキューレベルなら通じると言ったところでしょう。。

 

英語が通じるのは、空港や観光客用のベトナムのホテルくらいで

町では普通にベトナム語

なので、ベトナムに観光や仕事などで行って、ベトナム人と交流するためには

ベトナム語をある程度話せないとダメですね。

ベトナム語で簡単に日常会話ができなければ

タクシーを利用したり、店で買い物も満足にできませんね。

犯罪に巻き込まれたときに交番にも相談に行けない。

身振り手振りでなんとかなるほど甘くない。

 

 

ベトナムは、地理的に中国に近いので

中国の影響で本来漢字言語みたいな言葉を使っていました

途中から、フランスの植民地になったとかで

国にローマ字が入ってきたため

(百数十年前くらいのことですので、歴史的に見れば最近のことですね)

ローマ字読みの英語みたいな言葉を

使うようになりました。

アルファベットによく似た文字を使っています。

それが今使われているベトナム語ですね。

 

なので、ベトナム語の文法は英語にかなり似ています。

英語の文法がある程度分かる人であれば

ベトナム語の文法の仕組みも分かります。

それにそもそもベトナムは日本と同様に中国の漢字を使っていたので

単語の発音が日本語に似ている部分がある。

 

まぁでも、しかし、ベトナム語は、やはりベトナム独自の言葉です。

他国の影響を受けているとはいえ

ベトナム独自の進化をとげているので

日本語のローマ字や、英語とは似て非なる物になっています。

 

なので、習得には、ちょっと手間どりますが

ベトナム語の単語さえ覚えてしまえば、文法は英語に似ているし

われわれ日本人でもそれなりに勉強すれば

それなりにベトナム語を使えるようになります。

 

日本人で英語を大体話せるようになったら

次は第2外国語として、ベトナム語の勉強をするのも

いいかもしれませんね。

一応、ベトナム語を使う人の数も7000万人いるみたいですし

かなり多い方だと思います。